浮かび上がるスジをなぞりたくならない男なんて居ない

目の前にマンスジがあるのになぞらないなんて、むしろおマンコに失礼ではないか。着衣の上からでもはっきりわかるくらいにその存在主張しているのだから、男ならばちゃんと愛でてあげるのが役割というものである。また、期待に涎を垂らしてしまうようにマン汁で濡れた様子なんて最高だ。指先でなぞるだけではなく、舌先で愛撫しながらそのお汁を啜って飲み干したいくらいには、男を興奮させてくれる。それこそがマンスジの魅力だ。


取得元ページ


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved