昔から続いてきた伝統だから、エッチの相性もピッタリだ!

家の為に逆らえないことがある。茜新社「若宮さんとブタ」は、家系の伝統に縛られた少女の堕ちっぷりが見れる。凛とした少女は、ブタのような少年の家に嫁ぐ伝統があった。だが、我慢できなくなった少年は卒業前に少女の身体を求め、貪り犯すのだった。

凛とした美少女がブタのような男に犯されて孕み幸せになる

茜新社「若宮さんとブタ」は、ヒロインの若宮ちひろと、ブタのような大新田タケルの家に伝わる伝統が二人の関係を変えていく話だ。ちひろは卒業したらタケルの元に嫁ぐことになっていた。しかし、ちひろは嫁ぐまではあまりタケルに関わらないようにしていたのだ。だが、ある日、タケルに呼び出されセックスを迫られるのであった。

臭いタケルに校内で犯されるが、家の為に逆らえないちひろ。初めてをブタのようなヤツに捧げるなんて可哀想だが、普段凛としている美少女がタケルのような男に犯されている光景は興奮させられる。欲望のままにちひろを犯すタケルだが、中出しはしないという約束は守っているのだった。だが、ちひろをネットリと犯すことは止めないのであった。

キスの時の唾液も精液も臭いのだが、だんだんとその臭いで興奮するようになってしまった、ちひろ。セックスの相性も良く、強がっていても喘ぎ声が漏れてしまうようになってしまった。そして、自分でもタケルに堕とされていると感じることもできなのだ。子供を孕んだ頃には、タケルとの生活もセックスもなくてはならないものになったのだった。


若宮さんとブタ
・作者: 石鎚ぎんこ
・価格:324円


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved