女湯を覗くこと。それは男の子に課せられた使命なのだ

いついかなる時だって、お風呂に入っている女の子の裸体。それを追い求めないなんて嘘ではないか。すぐそばでお湯の弾ける音がする。すりガラス1枚、つい立てひとつを挟んで向こうに、綺麗な裸体があるというのに、そこでなにも行動を起こさないなんてあり得ない。そこに広がるのはまさにパラダイス。湯煙に浮かぶ桃源郷。桃色に上気した美女たちの裸体を拝まずして、どうして温泉やお風呂を楽しめるのだろう。これは見るしかない。

 

取得元ページ


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved