少女たちを待ち構えるのは玩具のような扱いと絶望だけである

罪のない少女たちが無理矢理犯されて苦痛に顔を歪める、ムーグコミックス「愛玩ラブドール」。ただ男たちの性欲を満たすだけために、存在するかのように酷い扱われ方をするのだ。処女を奪われ、泣き叫んでも終わらず、ハッピーエンドなどこないのである。

助けて…二穴って何よ…射たいの…お願いだからもう許してよ

ムーグコミックス「愛玩ラブドール」は、オナホと同等のような扱いをうける少女たちがバッドエンドを迎える。ヲタクの男に監禁されたら沙亜乃は、アニメのヒロインになりきらせれて犯されていく。エロアニメを再現するために、沙亜乃に衣装を着せてビデオを回しながら、身体を貪っていくのだ。黒髪ロングで人形のような沙亜乃の顔が恐怖に満ちていくのであった。

内容も絶望しか感じないものだった。クリトリスのバイブ責めをされながら、身体はチンコで撫でられる。さらに、下剤が塗ってあるアナルバイブを突っ込まれてからのオムツ姿でのフェラ。排泄後はケツの皺まで綺麗に拭かれるのだ。挿入も絶望を味わいながらの処女喪失だ。処女喪失からすぐに二穴責めと鬼畜満載の責めで壊れていく沙亜乃であった。

母親が出ていってからアル中になった父親と暮らす少女は、更なる絶望を味わうことになるのだった。いつも遊んで貰っている近所のお兄さんに、父親とのアナルセックスを見られてしまったのだ。父親は脅されると簡単に娘の処女を差し出す。そして、二穴責めで少女を犯すのだ。お兄さんにも裏切られて絶望の少女はどうすることもできなかったのである…。


愛玩ラブドール
・作者: 九神杏仁
・価格:1,080円→540円(2016年10月17日正午まで)


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved