顔を赤めて恥ずかしがりながらも、マンコはビチョビチョだ!

恥ずかしさが出ている少女の顔は可愛いうえに興奮させられる。いずみコミックス「自発あるいは強制羞恥」は、強制的や自ら羞恥を求める少女たちが揃っている。恥ずかしながらも襲ってくる快感に身を任せて、声をあげて愛液を垂れ流す少女たちであった。

もう普通のセックスじゃ満足できないの!この解放感がいいの!

恥ずかしさに赤く染めた顔は、勃起を促してくれるものだ。いずみコミックス「自発あるいは強制羞恥」では、そんな少女たちの姿を存分に楽しめる。デートでラブホに入ろうと思ったらカップルだが、財布を忘れてしまったのだ。しかし、彼氏の性欲は押さえられなかった。公園に入るとネットリとキスをし、そのまま彼女の身体に手を伸ばすのであった。

野外なんて嫌だと言う彼女だが、マンコはグチョグチョですんなりチンコを受け入れてしまった。顔を赤らめながらもいつもと違うセックスに感じてしまう彼女であった。しかし、このセックスが彼女をおかしくしてしまう。その後、いくらホテルでヤッても満足できないのである。そしてついに、財布を忘れたと嘘をついてしまうのであった。

JKのまいちゃんは何かと欲しいものもでてくるが、母親のバイト禁止に悩まされていた。そんなとき、伯父さんが母に内緒バイトをさせてくれるというのだ。伯父さんが売っている服のモデルだというが、制服やナースから始まり、ほぼ紐のような水着まである。下半身をアップで撮られると、顔も赤くなりマンコも濡れてきてしまう。そして、伯父さんは止まらないのだ…。


自発あるいは強制羞恥
・著者:いずみコミックス
・価格:1,029円→514円(2016年10月24日正午まで)


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved