目の前におっぱいがあったとしたら揉むしかないのでは

むしろ、揉む以外には吸うしかないのではないだろうか。それほど、おっぱいの魔力は強いのだ。おっぱい。その甘美な響きだけで男は絶頂することができるくらいで、たわわなおっぱいを前にして、むしろ何もしないなんてあり得るはずがないだろう。いやらしいおっぱいは極上の証。そのおっぱいに礼儀を尽くすには、揉むしかない。そのおっぱいがどれだけ魅力的でいやらしいか、身体に教え込んでやるのだ。その為にはしっかり揉まねば。

 

取得元ページ


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved