男はいつになっても母親というものに甘えたいのである!

いつまでたっても母親に甘えたいというのはあるのだろうか。そんなことはないと思っていても、富士美出版「ごっこ」を見れば、母親に甘えたくなるだろう。…いや、母親のように接してくれる彼女が欲しくなってしまうぞ!おっぱい吸ってスヤスヤ寝てみたい!

ご褒美もいいけれど、お仕置きもしてほしいです。お願いします

富士美出版「ごっこ」は、初デートで寝坊して絶望を感じた男が、まさかの展開を迎える。これはご褒美なのか、お仕置きなのか?…きっとご褒美に違いない。…そんな話である。主人公の男は合コンで出会った年下の美凪と初デートの約束を取り付けた。だが、日々の仕事の疲れから、まさかの寝坊をしてしまったのだった。

怒りと心配を溜めた美凪がアパートまで来てくれたが、初デートでの失敗に項垂れる。だが、年下の美凪は優しかった。慰めるように胸元に抱き寄せてくれたのだ。そして、お仕置きをされることに…。下半身丸出しの四つん這いで、お尻を叩かれる。恥ずかし格好だが、チンコはビンビンになってしまうのだった。

まるで美凪ちゃんは母親のようにお仕置きをしてくれる。お尻ペンペンしたあとは、おっぱいを吸わせて甘えさせてくれるのだ。おっぱいを吸わせながら、自らマンコを弄って濡らす美凪。そして、挿入するのだが、母親のスタンスを崩さず責めてくれるのだ。普段の生活に疲れているのら、少し母親に甘えてみるのもいいかもしれないぞ…。


ごっこ
・著者:富士美出版
・価格:216円


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved