民宿の娘は変態な客に女の悦びを教え込まれてしまうのである

一水社「加奈ちゃんの宿」は、田舎の民宿の娘が、変態キモオヤジに目をつけられる。バス停でのオナニー見せつけから、民宿までやってくるオヤジ。連泊するオヤジは毎晩、少女を呼び出してまだ小さい身体にチンコの気持ちよさを植え付けていくのであった…。

やめてよ…ママにバレちゃうからダメ…もうやめてください

一水社「加奈ちゃんの宿」は、バス停で変態キモオヤジにオナニーを見せられている少女…という場面から始まる。少女の名前は加奈ちゃんだ。勃起したチンコを見せつけられながら、色々と聞かれる。答えなくていいのに、加奈ちゃんは律儀に答えてしまう。家が民宿をやっているということまでも…。そして、男は加奈ちゃんにザーメンをぶっかけて立ち去るのであった。

恐怖を感じながら家に帰る、加奈ちゃん。するとそこには、客としてのオヤジの姿が…。連泊するというオヤジ。ここからが加奈ちゃんに取っては絶望の日々が始まるのだった。初日から部屋に呼び出されて、処女を奪われてしまう。まだツルツルのロリマンコが大人チンコで広げられて血が垂れるのであった…。

それからも毎晩のようにオヤジの部屋に呼ばれる加奈ちゃん。民宿とはいえ、普段生活している家の一部で、犯されるのである。親だって近くにいるのに、ロリマンコをズボズボされる。最初は恐怖と痛さで嫌がっていた加奈ちゃんだったが、セックスと中だしされる気持ちよさを知っていくのであった。そして、オヤジが帰る頃には…。


加奈ちゃんの宿
・著者:一水社
・価格:324円


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved