村の祭事で村長の逞しい肉棒で種付けされ我を失い快楽に喘ぐ人妻

inkokusai2_01旧いしきたりの残る村で行われる神事は、五穀豊穣を願うというのが建前であるが、本当は子宝を願うフリーセックスのイベントだった。ささきタツヤ,赤髭「淫村の祭~熟れたおマメが五穀豊穣~(2)」は、山奥の農村に夫と共に越してきた人妻は、旦那不在の村祭りで、男たちに種を植え付けられてしまう凌辱ストーリーの第二話だ。

これは儀式なんです。仕方がないとあきらめてください

inkokusai2_02山奥の農村に夫と共に越してきた人妻・あやのは、親切な村民の手を借りながら田舎暮らしを楽しんでいたが、豊作祈願を兼ねた神事で「村のしきたり」と言われ、酒を飲まされたうえで、村の男たちと身体を使っての交流を行うハメとなる。旦那にもしたことのないフェラを強要されたあやのは、酔いの勢いも手伝い、次第に眠っていた淫らな自分が覚醒してしまう。もうパイズリをねだられても嫌じゃない。そして、「これは儀式だから仕方がない」と言われ、村長のいきり勃った肉棒を挿入されてしまう。「ごめんなひゃい、あなたぁ……♪」。あやのは旦那への罪悪感にかられながらも、次々に膣奥を嬲られ、快楽に身を委ねてしまうのだった。

inkokusai2_03inkokusai2_04

淫村の祭~熟れたおマメが五穀豊穣~(2)
・作者: ささきタツヤ,赤髭
・価格315円


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved