家畜となった女たちが管理され犯され孕まされる人間牧場へようこそ

ninbokujyovol4_01不思議Hを追求するコミックアンリアルの別冊版として、多数の女の子が家畜のように管理され、犯されたり孕ませられたりする「人間牧場」シチュエーションをテーマにしたオール描きおろしのアンソロジーコミックス第4弾逢魔刻壱(画), ソメジマ, ズッキーニ, nohito, のなかたま「別冊コミックアンリアル 人間牧場編デジタル版Vol.4」(キルタイムコミュニケーション)が登場!異種孕ませ苗床化、美少女家畜化、強制繁殖牧場……繁殖用のメスとして飼われ、いっせいに孕ませられる少女たち! 電子書籍版特典として表紙イラストのデジタルピンナップJPGが付いてくるぞ。

女は家畜だ!繁殖用のメスを一列に並べて強制種付けする人間牧場

ninbokujyovol4_02人間が家畜のように管理され、いっせいに種付けされ孕まされる。それが「人間牧場」だ。本アンソロジーには、そんな人間牧場シチュを4人の作家が描き出している。『蟻巣』(ズッキーニ)は、巨大な蟻に連れられた少女アリスが苗床へと堕ちていくストーリー。「永遠に若さを保ち蟻の子を産み続ける苗床となる」ことを告げられ絶望の淵に立たされる少女たち。彼女たちは体内に毒を注入され身体の自由が効かなくなった状態で触手に全身を嬲られ何度も膣内を犯されてしまう。『獣娘牧場繁殖記』(ソメジマ)は、人間のハンターに囚われた獣娘の少女の繁殖活動の記録。発情期を知らずにひとり隠れ住んでいた少女は、厩舎内に立ち込める淫臭に抑えきれずに数多の獣娘たちと同じように初めての男を求めてしまう。そして、子宮で男の極太ペニスを受け入れ初めての子作りセックスの快楽に流された少女は、さらなる子種を求め獣のペニスをも受け入れるのだった。『ヒト家畜化制度』(のなかたま)は、食用の卵を産み出すよう少女たちを改造し、食糧問題を解決しようとする「ヒト家畜化制度」制度の下、母親に売られた少女は牧場内で喘ぎ産卵を繰り返す。『絶滅保護計画』(nohito)は、宇宙船で修学旅行に出かけていた男女生徒たちが、人類を再興させるため繁殖を強要される。

ninbokujyovol4_03ninbokujyovol4_04


ninbokujyovol4_05ninbokujyovol4_06


ninbokujyovol4_07ninbokujyovol4_08

別冊コミックアンリアル 人間牧場編デジタル版Vol.4
・出版社名: キルタイムコミュニケーション
・価格:648円


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved