苗床の女性たちの栄養は精液!? 就農人口減少を改善する「女体農業」

nyotainogyo01世界の人口はどんどん増え続け、深刻な食糧不足が各国首脳の頭を悩ませていた。品種改良や農地拡大などの策が実行されたが、全く効果がない。窮余の策として考えられたのが、ザーメンで豊かな作物を実らせるもうそうのへや「女体農業」だ。広大な農地に苗床として植えられたのは、人間の女性。ザーメンを注入することで、豊饒な作物が採れるとあって、瞬く間に世界の農地へと広がっていった。

女体農業は世界を救う!? 美味しい野菜を作るには精液が不可欠

nyotainogyo02とある世界で就農人口減少の改善のため考えられたのは女体での野菜栽培。女体をいかした野菜作りは就農人口減少改善のために国がすすめる事業の一つとして次々と受け入れられ今では大半の農家が女体農業へ移行している。この国の政策は若者の就職率引き上げにもつながっている。今日もそんな野菜作りの場に就農したばかりの若者たちが先輩から美味しい野菜の作り方を学ぶ。彼らは苗床の女性たちの世話をするため栄養(精液)を与えたり、害虫駆除などの仕事をこなしていく。また、彼らの実では補えない栄養を補うためスポンサー(精液の提供者)が来園する様子や野菜の収穫の様子などを見学しよう。

nyotainogyo03


nyotainogyo04

nyotainogyo05女体農業
・サークル名: もうそうのへや
・価格:1,080円


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved