オークに婚約者を殺られても、オークのチンコで感じちゃうの

オークとはラテン語で悪魔という意味や、架空の生物である。暗緑色で目は血走って牙があったりと、醜い戦闘種族として描かれることが多い。そんな醜く、人間ではないやつに犯されて感じてしまう女たちを、二次元ドリームコミックス「二次元コミックマガジン オークのための女騎士対策マニュアルVol.1」でみてみよう。

もっと子種ちょうだぁい…いっぱい中にだしてねぇ…

フィーネは仲間のバルトと共に、オークを倒してほしいという依頼を受けて、オーク達の住みかである山奥の遺跡の洞窟にやってきた。しかし途中でバルトとはぐれてしまい、アイテムでバルトに位置を知らせることにした。そんな時に罠にかかり、オーク達に捕まってしまうのであった。オーク達はフィーネを見ると、食べるには勿体ないと判断して犯すことにしたのである。

オーク達はフェラやパイずりを無理矢理フィーネにさせる。フィーネは嫌がりながらも、オークに屈しない為にバルトが来るまでと強がるのであった。そんなフィーネを見たオークは、バカにされていると怒りチンコを挿入してしまう。さらにお尻にもいれられ、二つの処女を奪われてしまうフィーネだった。そしてバルトが殺られたという話を聞いたフィーネは、オークをバルトと思い込みセックスをし孕むのであった。

二次元コミックマガジン オークのための女騎士対策マニュアルVol.1
・著者:二次元ドリームコミックス
・価格:648円


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved