健康的な生足が眩しいブルマはやっぱり秋が一番似合うよね

学区によってや春に行ったり、そもそもいまどきブルマの学校なんて存在しないだろうが、だからこそ、秋にブルマの姿というなはどこか特別な感情を覚えずにはいられない。夏を過ぎ、アキアカネが空を飛ぶ季節に、太陽に眩しく光る太ももをさらしたまま。夕暮れに、泥と汗の香りを吸って、すっかりいやらしさを強調するような、ブルマ。ちょっとずれて見える下着やハミケツもいいが、ただ、お尻の形に膨らむブルマが一番である。


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved