美少女の日焼けラインを指でなぞってみたい人生だった

その肌はどれだけの魔性で満ちているのだろうか。すっかり日に焼けた小麦色の肌。けれど、その暑さを知らぬ白雪があって。まだ真っ白なまま、無垢なままで残された日焼け跡。水着が生み出した奇跡のボディペイントとでも言うのだろうか。その境界線を、まるで女の子の大切な部分をそっと指でなぞるように、触れてみたくて。小麦色と雪色のコントラストがいつまでも眩しく、なによりこの目に焼き付いてしまっているのである。


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved