いろんなスク水姿をたっぷりと堪能できる幸せに溺れて

一口にスク水と言っても、その派閥は様々であり。まずは旧スクと新スクとでの好みに違いが別れて、さらに紺色のスク水と白いスク水とある。細分化するのであれば、もっと、スクール水着の奥深さはマリアナ海溝をも超越するのであろう。むろん、そのうちのどれがいいだなんてことは、敢えて言うまい。必要ない。なぜならば、スクール水着に貴賤はなく、スク水を来た少女とは等しく尊いものであり、温かく愛でるべき対象なのである。


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved