目隠しされて不安に震える身体を、悦ばせてあげたくて

視界を奪われ、周囲が見えない事により込み上げる恐怖はなかなか抑えられるモノではない。なにより、視界が見えないからこそ、彼女達の肌は周囲の情報を集めようとより敏感になって。感度が最高潮にまで達したその肌を、そっと触れると、その反応は視界が自由である時とは比べ物にならない。ナニをされるかわからない不安と、どこか期待に濡れるいやらしいアソコにお仕置きを。彼女達の身体をただ、快感にこそ堕としたい。


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved