日本の良さを知るために和服美人を堪能したてまつる

やはり、和服美人というのは見ていて落ち着きを感じさせる。大和撫子をその通りに、まさに立てば芍薬座れば牡丹のごとく、花のように美しい姿には見惚れずにいられず。なにより、そんな儚さがあるからこそ、猶の事その姿をエロく感じるもので。袂から見える鎖骨、胸元。結い上げた髪のうなじに、裾から覗く白い足。どれを取っても魅力に尽きることはなく、そのエロさには尊さを感じるばかりで、その女体、絶景かな、絶景かな。


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved