乳輪。それは春にチラリと咲くさくらの花びらのように

はっきりと見えないこのギリギリ感。いつだってチラリズムは我々の心をときめかせ、春の木漏れ日のように温かさを与えてくれるけれど、輪チラと呼ばれるこの乳輪がちょっとはみ出て見える感じ。たまらない。桜色の可愛い乳輪が、けれど恥ずかしい女の子の部分。それがほんのりと存在を主張し、その奥に勃起した期待感を匂わせるように、桜色の恥部が確かに見えて、見えて、でも肝心なところが見えなくて。このもどかしさ、癖になる。


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved