真面目そうな文学少女だっておマンコを弄られたら雌でしかない

一見清楚で真面目そうな女の子だったとしても、その実態はどうあがいても女であって。普段、図書室に入り浸っている文学少女も、軽くその身体を触り、おマンコを指で弄って、気持ちのいいスイッチを押してやれば簡単にひとりの雌奴隷へと成り下がる。本を読む机の上で、学校の図書室で、はしたなくおマンコを濡らし感じてしまう、そんな女に…。

セブンティーン溝のないツルツル内部なのに極上の快感が味わえる“本格人工マ○コ”の看板に偽りなし!の本製品はヒダやイボなどの内部加工に頼らず、巧みな技術とエラストマーの良質な素材で見事!とまで思わせる、職人技の光る一品である。


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved