少女が犠牲になる古代からの儀式。村人に犯される少女。

ロリ少女が犯される残酷さと、田舎に伝わる酷い習慣が入り交じった、一水社「ひめはじめ【単話】」。ある村には昔から伝わる儀式。それは、十一歳の少女を村の男たちが男根で喜ばす。今年、ひめに選ばれた少女も何人もの村人のチンコで突かれるのであった。

おちんちんが欲しいの…おなかの奥までくちゅくちゅしてよ…

一水社「ひめはじめ【単話】」。タイトルは、根国の村に伝わる儀式である。遥か昔に村に降りついた女神を、村の男根で悦ばしたところ、村を災難から守ってくれたというのだ。それを再現する儀式こそが、ひめはじめである。そして、今回ひめ役に選ばれたのは、十一歳の亜矢であった。まるで七五三のような衣装を着て、着飾ったがすぐさま衣装が乱れることになるのだ。

まだ幼い少女を犯すという酷いものだが、少しだけ救いもある。最初は大人チンコではなく、少年チンコで犯すのだ。秘薬を混ぜた酒を飲まされ、動けない亜矢を村の少年たちのチンコが突き上げる。初めてのマンコに夢中になる少年たちの腰は止まることなく亜矢を責める。お面をつけた大人たちは、その様子を酒を飲みながら、芸を見るかのように眺めるのであった。

そして、大人たちの番がくる。少年たちとは比べられないくらいの巨根だ。しかし、ひめが苦しんではいけない。チンコでひめを悦ばせるために、秘薬を乳首やマンコに塗られた亜矢は、子宮を突き上げるほどの大人チンコにも感じ乱れるのであった。儀式は村の男に犯されることだ。その男の中には、もちろん亜矢の父親もいるのであった。亜矢と父親は立派にやり遂げられるのだろうか…。


ひめはじめ【単話】
・作者: 木谷椎
・価格:324円


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved