法を犯し反省のない女たちは、容赦なく犯してやるがいい!

犯罪を犯してしまったなら罪を償わなければいけない。しかし、それでも反省が見られないヤツらもいる。そんなヤツには、一水社「輪姦膣内出し108連発 凌辱刑」のような、屈辱を与える刑罰がいいのではないだろうか。法を犯した女たちに裁きを与えよう!

禁固三年じゃないの…?チンコ三年ってそんなの知らないわ…

加害者に生きて地獄を味わせたいと思う被害者もいるだろう。被害者の思いを晴らすための、凌辱刑。そんなものをたっぷりと楽しめる一冊が、一水社「輪姦膣内出し108連発 凌辱刑」だ。凌辱好きには見逃せない、凌辱尽くしの作品だ。圧倒的な凌辱物だというのは表紙からも伝わってくるだろう。中身も決して期待を裏切らないものになっているぞ!

犯罪を犯したが反省の色が見えない女に課せられたのは、ちんこ3年だった。禁固三年と勘違いした女だが、その身をもって罪の重さを味わうことになる。牢屋で女を待ちわびていたのは、被害者の遺族の男たちだった。一斉に女に群がり無念を晴らすように、服を剥ぎ取りめちゃくちゃに襲いかかるのだ。そして女に絶望の状況がしらされるのだった…。

暴力はないが、凌辱行為は許される状況である。救いなどない。前戯もなく濡れていないにも関わらず、ためらいもなくチンコをぶちこまれるのであった。しかもマンコだけはなく、アナルにまでである。あまりのことに死のうとするが、許されるわけもなく、口にもチンコを突っ込まれるのであった。…生きて償いたい。その思いが絶望を産み出すのであった。


輪姦膣内出し108連発 凌辱刑
・作者: 天馬ふぇみお
・価格:926円


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved