腋が性器であるなんてことは改めるまでもない事だろう

ご覧の通りである、エロすぎやしないだろうか。なにせフェロモンをたっぷりと溜め込んで、まるで大洪水のおマンコのように汗を掻き、その姿は男を誘うに等しいいやらしさを兼ね備えている。鼻から直接脳に語り掛けてくるその刺激。視線に飛び込む皺の重なり。熟れて、おチンポを待ちどおしにする雌穴のように、呼吸の度に収縮する肉の動きにいやらしいものを感じずにはいられない。いわゆる腋マンコを思いっ切り、肉棒で犯したい。

 

取得元ページ


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved