その腋に顔を突っ込んで汗の匂いで深呼吸をしていたい

この漂うフェロモンの香り。湯気が出るほどすっかり汗だくになって、全身からも彼女の変態な匂いが鼻を刺激するというのに、なかでも腋は最も彼女を感じられる場所であるのは間違いないだろう。素敵な匂いを全身で浴びるように。淫らな腋の皺1本1本を味合わうように。叶うならば、多少嫌がる彼女達を強引に、風呂なんて入らせずシャワーも浴びせず、ありのままの匂いを肌で感じて。そんな腋に挟まれて、絶頂を感じてみたいのだ。


取得元ページ


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved