跡継ぎを残すはずだったのに、肉便器になってしまった女

田舎の嫁ぐということは、結構な決意がいるのかもしれない。一水社「田舎妻に強制妊娠 ~子宮姦で孕み堕ち~ 」では、本家の一人っ子の元に嫁いだ女が、子を孕むために犯される。種無しの夫の代わりに一族の男たちが精子を与えてくれることになるのだった。

早く孕まなければ…孕んでしまえば終わるんだから…早く…

一水社「田舎妻に強制妊娠 ~子宮姦で孕み堕ち~ 」のヒロインである、こずえは都会から田舎の大地主のもとへと嫁いできた。巨乳に綺麗な顔立ちが都会の男たちの視線を集めるのであった。それを気にしながらも義家族とも上手くやっていたこずえ。しかし、なかなか子供に恵まれずにいたのだ。そして、義母に呼び出されるのであった。

義母に呼び出された場所に行くと、裸の男たちがいるではないか。そして義母から驚きの説明がされる。夫には子を孕ませる種がないために、少しでも一族の血を引く男たちの子を孕めというのだ。代々の習わしのような行為に助けを求めるが、男たちはもちろん、義母も助けの手を伸ばすことはないのであった。

催淫効果のあるお香が焚かれた中では、身体がいうことを効かず、男たちに犯されていく。すでにグチョグチョになったマンコにチンコをぶちこまれ、一発目の中だしを喰らう。そして、次から次へとマンコはザーメンでいっぱいになってしまう。孕むのに関係ないアナルも犯され、最後には子宮が飛び出してしまうほどにヤラれるのであった。


田舎妻に強制妊娠 ~子宮姦で孕み堕ち~
・作者: 服部ミツカ
・価格:324円


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved