美人メイドとセックス!生意気だが尻穴でよがり狂うのだった

メイドに目覚ましフェラや、体スポンジをやってもらう妄想を抱いたことがある人も少なくないだろう。メガストアコミックス「残念王子と毒舌メイド」は、口は悪いが美人でエロいメイドが、そんな夢のような生活を届けてくれるぞ!子宮セックスを堪能しよう!

坊っちゃま…濃い精子が入ってきちゃいます…ぎもちいぃぃ…

大財閥の御曹司である冷泉院京也は、頭脳明快容姿端麗という勘違いするナルシストヤローだった。そんな京也に現実を語り掛けるのが、メイドのアサギリだ。毒舌で京也の心を打ち砕くが、そこはメイドである。しっかりと京也の世話はするのだ。しかも下の世話まで仕事に入っているのだった。今日もまた言い争いながらのセックスが始まるのだった。

そして京也の休日の予定は、朝の風呂である。ただしメイドの体で洗ってもらうのだ。背中をおっぱいで、腕はおまんこで洗ってもらうのである。もちろん風呂でのマットプレイセックスもあるぞ!最近開発したばかりのアナルを責める京也。アサギリの子宮を開くには、アナルで腸壁に射精することを学んだ京也は、おまんこを使う前にアナルセックスをするようになってしまったのだった。

しっかりとアナルでアサギリをイカせたら、お待ちかねのおまんこである。開いたところに子宮が降りてくるように焦らすと、子宮がチンコに吸い付いてきたのだ。京也のひ弱精子では妊娠しないと強がっていたアサギリだったが、この状況ではさすがに許しを乞うのであった。しかし、そんなことをしたら、精子が欲しいと吸い付いてくる子宮が可哀想なので、子宮にたっぷりと精子を注いであげる京也であった。


残念王子と毒舌メイド
・作者: 月野定規
・価格:1,080円→540円(10月15日正午まで)


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved