そうだ、彼女のおっぱいは揉まれるためにあるのだから

こんないやらしいおっぱいをぶら下げて、こんなの揉まないはずがない。いや、大きなおっぱいである必要はない、なければならないわけではない。たとえ小さくともおっぱいで、むしろちいさなおっぱいこそ揉んであげたくなるというもの。どちらにせよ、それがおっぱいである限り、揉まれる運命にある事に変わりはないのだから。柔らかくて、指に吸い付いて来るようないやらしいそのおっぱいを、ただ、無心のままに揉み続けていたい。


この記事を読んだ人にオススメのDL作品

類似の記事

うらスマとは   広告掲載について  © 2012 うらスマ(UraSma). All Rights Reserved